血液をサラサラにする食べ物10品目の特徴と働き

血液をキレイにサラサラにしてくれる食べ物の代表的な10品目の効果や食べ方など健康に気を使う方に役立つ情報を載せています

にんにくは高血圧や動脈硬化などの生活習慣病に良い

      2014/06/16

にんにくは、暑い夏バテ防止として食べることが多い食材ですが、元気を出すにはとても効果のある食べ物です。

このにんにくには滋養強壮以外にもとても大切な役割があります。にんにくの成分にはアホエンという成分があり、これには血栓を防止する作用があるために、血液をサラサラにする効果がとても高と言われています。

そしてコレステロールの抑制など、現代の食生活にはとても役立つ食材です。アホエンはにんにく独特の成分ですが、サプリメントとして販売しているにんにくの健康食品も数多く有ります。

にんにくは毎日一つ食べて続けていると風邪も引きにくくなるといわれていますが、体の弱い人にもとても効果のある食べ物です。

にんにくは体を元気にするイメージが強い食べ物ですが、同時に血液をサラサラにする作用がある為に、特に夏の暑い時期や疲れたときには積極的に食べるよよいですね。

体も年齢とともに老化が始まりますが、特に生活習慣病などは40代ころからは気をつけないといけません。にんにくの成分には硫黄化合物がふくまれていますので、動脈の血管壁を広げて血圧を下げる働きもあります。

そのため高血圧や動脈硬化などの生活習慣病にはとても効果的に予防をすることができますので、毎日食べるように心がけるとよいですね。

にんにくは香りのつよい食品ですが、生のにんにくが抵抗がある時は、匂いを抑えたサプリメントなども効果的ににんにく成分を取るには適していますね。

疲れやすい体質の方には是非おすすめしたい食べ物のひとつです。

 - にんにく

  関連記事

関連記事はありませんでした