血液をサラサラにする食べ物10品目の特徴と働き

血液をキレイにサラサラにしてくれる食べ物の代表的な10品目の効果や食べ方など健康に気を使う方に役立つ情報を載せています

たまねぎは血液中の脂質を減らす作用がとても高い

      2014/06/16

たまねぎは、血液中の脂質を減らす作用がとても高い為に、現代の生活習慣病の糖尿病や高血圧、動脈硬化といったものの予防や改善にとても効果があります。

たまねぎにはアリシンという成分が入っていますが、これには血小板の凝集抑制作用がある為に、血液をさらさらにする効果がとても高いのです。

たまねぎを調理する時には、たまねぎを加熱する前に、スライスした後時間を15分ほど置いてから調理をすると、成分を失わずに食べることが出来ます。

たまねぎと同様にラッキョウも同様の成分がありますので、血液さらさら効果はとても良い食材です。

たまねぎはサラダにして食べたり、すりおろしたりと、調理方法もたくさんありますのでバリエーションも豊富に食べることが出来る食材です。

油の多い食事や肉料理を食べるときには、あわせてたまねぎを食べるとよいでしょう。たまねぎの辛味成分はとても健康に良い成分がとても豊富です。

生でサラダに入れたりすることで、野菜の酵素も豊富にとれますので、体の中で善玉コレステロールが増える効果があります。

毎日続けて食べることが必要ですが、たまねぎのスライスの作りおきや、おろしたまねぎなどを有効に調理に使うとよいでしょう。

血液は毎日の食生活が大きく影響してきます。血液をさらさらにしておくことで、深刻な病気の予防になります。

特に不規則な生活を送る方にも、血液さらさらの食材はとても重要になりますので、心がけて食べるようにしましょう。

 - たまねぎ

  関連記事

関連記事はありませんでした