血液をサラサラにする食べ物10品目の特徴と働き

血液をキレイにサラサラにしてくれる食べ物の代表的な10品目の効果や食べ方など健康に気を使う方に役立つ情報を載せています

ごまのリノール酸は悪玉コレステロールを減少させる

      2014/06/16

ごまには不飽和脂肪酸のリノール酸やオレイン酸を多く含んでいます。血液をさらさらにする効果がとても高く、ビタミンEもとても豊富な為に体の抗酸化作用も高い食材です。

しかしごまは粒のとても小さい食べ物ですから、消化がされにくい場合がよく有ります。

ごまの成分を有効にとるにはすりゴマにした状態やごま油がお勧めです。
食べ物としても最も加工しやすいと思います。

特にごま油には悪玉コレステロールを減少させる善玉コレステロールが豊富に配合されています。調理で使う油をゴマ油に変えることで血液さらさら効果も高まりますし、血圧の改善にもなります。

ごま油にはオレイン酸が豊富に含まれていますので、食事の時にごま油をかけて食べるなど、多少の工夫で毎日取るとこが可能です。

そしてごま自体にはセサミノールという成分がありますが、これはコレステロールを減らし、抗酸化作用がとても高いことでも知られています。

ごま成分を使ったサプリメントも多く市販されていますが、毎日の食生活の中でごま油を多く使う事をお勧めします。

炒め物などの調理時にいつもの植物油ではなく、ごま油を使うなど、油料理をするときにごま油に変えてみましょう。

そしてドレッシングなどもごま油を使ったものを手作りにするなど、油を使うときにゴマ油を使うように意識してください。

脂質は体に悪いイメージがありますが、ゴマ油のような不飽和脂肪酸の多い油は、健康にとても効果のあるものですから、心がけてとるようにしたいですね。

 - ごま

  関連記事

関連記事はありませんでした